長野県上田市上田原にあるクリニック | 消化器内科、胃腸科、一般内科、外科、腫瘍内科 | 経鼻内視鏡検査 大腸CT検査

大腸CT

「便潜血反応陽性です」と言われたら・・・

大腸CT検査(CT colonography)

CT装置

あおぞらクリニック CT装置

大腸CT検査は、内視鏡を挿入せずに大腸を診断する新しい大腸がん検査法です。健康診断や人間ドック等で便潜血反応が陽性となった方に対する精密検査法として保険適応となっています。

お尻から炭酸ガスを注入して大腸を拡張させ、新型のマルチスライスCT装置を用いて撮影することで、あたかも内視鏡検査を行ったかのような大腸3次元画像を得ることができます。

内視鏡検査と比較して苦痛が軽減されています。内視鏡検査の時のような大量の下剤を飲むことはなく、また検査もおよそ15分程度で終わります。検査中の痛みもほとんどないため、鎮静剤を使うことはありません。

日本国内では普及が始まったばかりですが、欧米などではCTを用いて大腸を診断することが一般化しており、大腸がん検診への応用が始まっています。

大腸CT検査の長所・短所

大腸がん検診(主に便潜血反応検査)にて要精密検査の判定となった場合、これまで大腸バリウム検査や大腸内視鏡検査にて精密検査が行われてきました。これらの検査法と比較しながら大腸CT検査の特徴をご説明します。

大腸CT検査の長所

  • 大腸を空っぽにする必要はないため、大量の下剤を飲むことはありません。
  • お尻から炭酸ガスを注入するだけですので、癒着等で内視鏡の挿入が困難な方でも検査が容易です。
  • 痛みなどの苦痛はほとんどありませんので、検査時に鎮静剤(眠り薬)は使用しません。
  • 炭酸ガスを注入する際に圧力を一定に保つ装置を用います。そのため大腸穿孔などの偶発症が極めて稀です。
  • 検査が短時間(約15分程度)で済みます。
  • 米国では、大腸がん検診に有効な検査法として掲載されており、精度の高さが実証されています。(日本においても、条件を整えつつ早急な導入を進めるべく活動が続けられています。)

大腸CT検査の短所

  • 表面型病変や5ミリ以下のポリープを見つける能力は内視鏡検査に比べて劣っています。ただし、一般的に治療が必要な6ミリ以上の隆起性病変では内視鏡検査と同等の診断能を持っています。
  • 細胞の検査(生検)や、ポリープ切除などの治療をすることはできません。病変が見つかった場合には大腸内視鏡検査が必要となります。
  • 医療被ばくがあります。当院ではより低線量での撮影を目指しており、通常のCT検査の1/3~1/2の放射線量で撮影を行っております。

大腸CTの実例

症例 その1

症例2 CTC画像症例2 内視鏡画像

左:大腸CT画像 右:大腸内視鏡写真
大腸CTにて発見された進行大腸がん

症例 その2

症例1 CTC画像症例1 内視鏡画像

左:大腸CT画像 右:大腸内視鏡写真
直径およそ6mmの大腸ポリープ(一部に悪性あり)

 

大腸CT検査を受けるには

主な保険適応として、「大腸がん検診(検便:便潜血反応)で陽性と言われた」場合があります。精密検査が必要な状態ですので、検診結果を持参してお早めに受診してください。

保険適応が難しい場合でも、自費診療にて検査をお受けいただくことができます。自費診療の場合、費用は 19,000円 です。

 

大腸CT検査は、検査の前日から準備が必要です。あらかじめ前処置薬をお渡ししたり、検査までの手順をご説明する必要がありますので、お電話等で検査の予約をお取りすることはできません。
まず受診いただき、診察と適応の判断、詳細なご説明をした上で、大腸CT検査の予約をいたします。

TEL 0268-75-1100 午前: 8:45 - 12:30
午後: 14:30 - 18:00
 ・水・土曜日 は 午前のみ
 ・土曜日 は 13:30 まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © あおぞらクリニック All Rights Reserved.