長野県上田市上田原にあるクリニック | 消化器内科、胃腸科、一般内科、外科、腫瘍内科 | 経鼻内視鏡検査 大腸CT検査

消化器病

医療の進歩を地域に届けます

消化器病の診療

「ご飯をおいしく食べる。そして気持ち良く出す」

しあわせな毎日を送るために、そして元気に長生きするために、「おいしく、気持ち良く」はとても大切な習慣ですが、実はとても難しいことでもあります。生活のご相談から薬による治療まで対応いたします。

また、胃癌や大腸癌などの日本で大きな割合を占めている癌や、膵臓癌といった発見の難しい癌も消化器病に含まれます。内視鏡検査やCT検査による早期発見を目指すとともに、検診にも力を入れています。

消化器病についてお悩みの方は是非ご相談ください。

上部消化管(咽頭・食道・胃・十二指腸)の病気

逆流性食道炎

食生活の欧米化や体型の大型化などに伴い、非常に増えている病気です。

「胸焼け」「酸っぱいものが上がってくる」といった典型的な症状がある場合には診断は比較的容易ですが、病状の把握と治療方針の決定には内視鏡検査が必要です。

また慢性気管支炎や喉のいがらっぽさの原因として、逆流性食道炎が注目されています。こういった病気にお悩みの方も一度ご相談ください。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍(ヘリコバクター・ピロリ菌感染)

胃の粘膜の中に生息するピロリ菌が、潰瘍や癌の原因になることがわかっています。確実な診断のもと、ピロリ菌の除菌治療を行っています。

またストレスの多い現代社会においては、ピロリ菌に関係なく潰瘍になることがあります。一方、薬剤性の潰瘍も少なからずみられます。

胃の不調時にはご相談ください。

胃癌

近年、ピロリ菌感染率の減少とともに減ってきている胃癌ですが、それでも現在においても男性における罹患率は第1位です。(死亡率でみると第2位)

内視鏡機器の画質向上や診断学の進歩により、早期発見すれば助かる可能性がかなり高い病気です。また最近では、検診においても内視鏡検査が推奨されるようになりました。

定期的な内視鏡検査を強くお勧めします。

 

下部消化管(結腸・直腸・肛門)の病気

便通異常(便秘・下痢)

成人女性の半数以上の方が便秘に悩んでいるという調査報告があります。また高齢者においては年を重ねるごとに便秘の悩みが急増しています。たかが便秘と安易に考えやすいのですが、便秘が原因で多岐にわたる様々な症状を引き起こすこともあり、放っておいてはいけない病気の一つとなっています。

比較的若い世代に多い「過敏性腸症候群」は、ひどい時にはまともな日常生活が送れなくなることもある怖い病気です。

あおぞらクリニックでは、便通異常のお悩みをもつ患者さん1人1人に応じた親身な診療を行っております。

炎症性腸疾患

大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす疾患の総称を炎症性腸疾患といいます。根治の難しいものが多く難病指定されていますが、薬物療法の進歩によりコントロールできる場合も増えています。

高度医療機関との連携を図りながら、また病状によっては手術治療に踏み切るタイミング等も念頭に置きながら、地元の主治医として治療管理いたします。

大腸ポリープと大腸癌(結腸癌・直腸癌)

癌の部位別罹患率第1位の病気が大腸癌です。(男性2位、女性2位、全体1位)

怖い病気であることに間違いないのですが、医療の進歩により生存率が向上している癌でもあり、早期発見できれば治ることも多くなってきています。

日本においては大腸癌検診(便潜血検査)の受診率はそれなりに良いといえるのですが、要精密検査の判定(便潜血反応陽性)が出た後の「精密検査受診率」が低いことが問題になっています。

あおぞらクリニックでは、「痛い」「怖い」「大変」といった大腸精密検査のイメージを払拭し、精密検査の受診率を上げることを目標に、「大腸CT検査」を選択枝の1つとしてお勧めしています。

 

肝臓・胆嚢・膵臓の病気

肝臓(ウイルス肝炎、肝機能障害、脂肪肝など)

血液検査や超音波検査、CT検査等を駆使しながら、肝臓病の管理を行っていきます。

ウイルス肝炎においては、高度医療機関との連携を図りながら日常の管理をさせていただきます。

胆のう(胆のう結石、胆管結石、胆嚢炎など)

胆のう結石は無症状で発見されることが増えている病気です。必ずしも全員に治療が必要になるわけではありませんが、突然の激痛で発症したり、重症感染症に発展しやすい疾患のため、定期的な検査が必要です。

また手術に踏み切るタイミングの判断は非常に難しいのですが、外科医の経験を生かしベストと思われる方針をご説明、ご提案いたします。

膵臓(膵炎、膵のう胞性疾患、膵癌など)

膵臓癌は罹患率、死亡率ともに増えてきている癌ですが、現代においても早期発見が難しい病気です。

そうはいっても、CTによる画像診断の進歩や、糖尿病が急に悪くなったといった事をきっかけに早期発見できるケースも少なからずありますので、異常を疑う場合には積極的にCT検査をお勧めします。

また膵のう胞性疾患も画像検査の普及により発見されることが増えてきています。増大・悪性化することもあるため、定期的な検査が推奨されています。

 

TEL 0268-75-1100 午前: 8:45 - 12:30
午後: 14:30 - 18:00
 ・水・土曜日 は 午前のみ
 ・土曜日 は 13:30 まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © あおぞらクリニック All Rights Reserved.